新型IQOS 2.4 Plusと旧iQOSの違いと保護ケース使用検証結果

2017年3月3日(金)、iQOSの新型のリリースが発表されました。噂はありましたけど、実際は新しいヒートスティック程度かな~と思っていたんですけどね。びっくりしました。

専用アクセサリーを企画生産するFantastickとしてなにより気になるのは、本体のサイズや細かい仕様の変化です。

ということで、いち早く新型のIQOS 2.4 Plusをゲット。どこよりも早く検証を試みました。

新IQOS 2.4 Plusと旧iQOSの外観上の違い

では360度見ていきます。

正面から:特に違いなし

IMG_0693

どっちが新型か分かります?

左側がIQOS 2.4 Plusで、右側がiQOSです。

細かくミリ単位以下のサイズまでは計測していませんが、このとおり、外観・サイズともにほぼ一緒です。

下から:特に違いなし

IMG_0694

MicroUSB差込口にも違いはありません。

上から:特に違いなし

IMG_0695

こちらも違いなし。

※右の旧iQOSは社内検証用なので汚いです^ ^;

側面からA:特に違いなし

IMG_0696

もしかしたら記載されている文言に細かな違いはあるかもしれませんが、特に違いはなさそう。

側面からB:違い発見!

IMG_0697

こちらも特に違いは。。。あった!

ボタンの色がゴールドになっています。重厚感が増しましたね。

IMG_0698

いやいや!それも正解だけどそうじゃなく、ここ。重ねてみると分かりやすいです。

IMG_0717

上がIQOS 2.4 Plus、下が旧iQOSです。なんだか上のほうが大きく見えますが、それは完全に目の錯覚です。大きさは同じと思ってください。

外観上の大きな違いは側面ボタン部分

違い分かります?ここです。

IQOS 2.4 Plus 比較寄り2
  1.  加熱クリーニングボタンがリセットボタン(IQOSマーク)になった
  2.  チャージャーバッテリー確認ライトが一段下がった(IQOS 2.4 Plusではその分空きができた)
  3.  ホルダーバッテリー確認ライトの形状が変わった(丸から長方形に)

んーなるほど。

細かな違いも大問題

これらの変更が、Fantastickで販売している専用ケースにどう影響するかが気になるところ。当社のケースは精密にゼロから型を作っていますので、ほんのちょっとの違いでも影響が大きいんです。

なんせExtreme Protectorは1万個以上販売されてますし

07151729_57889ef047f75 Fantastick Extreme Protector for iOQS

iSuit Caseに至ってはそれ以上の勢いです。

12022142_58416c33975b7 Fantastick iSuit Case for iQOS

さらに上記以上のポテンシャルを秘めるAir Jacketもあります。

02031607_58942c36428fc Fantastick Air Jacket for iQOS

せっかくお買い上げいただいたわけですし、モデルチェンジしてもそのまま長く使っていただけると嬉しいですもんね。

ということで検証スタート。

①そもそもIQOS 2.4 Plusの装着は可能なのか

こちらに関しては、全く問題なしでした。

※ケースに装着した画像を見ても、ただのケースにしか見えなかったので画像は割愛します笑。

②IQOS 2.4 Plusの側面のライトやボタンは大丈夫なのか

こちらが最も気になるところ。順番に画像で確認してみます。

②-1:Extreme Protector

まずはシリコン素材で全体を覆う、ベストセラーのExtreme Protectorから。実際にIQOS 2.4 Plusを装着してライトを点灯させてみました。

IMG_0704

するとこのようになります。

チャージャーのバッテリー確認ライトが一段下がった分、Extreme Protectorの一番上のライト確認穴は必要なくなりました。しかしIQOS 2.4 Plusのライトは全て確認できています。

またホルダーバッテリー確認ライトも、形状が変わったとはいえ問題なく確認できます。

その他パワーボタンやリセットボタンの操作も全く問題なしです。

②-2:iSuit Case

次いでシリコン×ポリカーボネートの二層構造のスタイリッシュなiSuit Case。こちらも装着してみます。

IMG_0700

こちらも同じく、各ライトの視認性はバッチリ。ボタン操作も問題ありませんでした。

②-3:Air Jaket

こちら画像はありませんが、ご安心ください。ライトの視認性、ボタンの操作性ともに全く問題ありませんでした。

。。。ホッ

結論:Fantastickの保護ケースは新IQOS 2.4 Plusでも全く問題なく使用可能

以上より、Fantastickの代表作、Extreme ProtectorとiSuit Case、新作Air Jacketは、IQOS 2.4 Plusでも問題なく使用できることが明らかになりました。

これはシンプルに兼用と言ってしまっていいでしょう。

当社で販売しているその他のiQOSケースにつきましても、やはり問題なく兼用として使用できますのでご安心ください。

※注意事項:今回の検証はあくまでもFantastickで企画・販売するケースだけで、他社さんのケースについては全然分かりませんのでご注意ください。

このIQOS 2.4 Plusをきっかけに流通量がガツンと増えていくといいですね!IQOS 2.4 Plus & iQOS兼用保護ケースをお買い求めの際はぜひみんデパ本店までどうぞ。

みんデパ

スマホとiQOSケース・アクセサリーのみんデパ(MINDEPA/みんでぱ)

※気づいてました?名称が変わったの

最後に一つだけ。

これまでは「iQOS」でしたけど、今回のモデルチェンジで「IQOS」に変わりましたね。頭の「アイ」が大文字になりました。

では太田でした。